トレンチコートクリーニングの値段・料金相場|頻度や失敗しない方法も紹介

トレンチコートクリーニングの値段・料金相場|頻度や失敗しない方法も紹介

カジュアルからフォーマルまで、さまざまな場面で活躍するトレンチコート。愛用している方も多いのではないでしょうか。
トレンチコートを、長くきれいに着るには、お手入れが重要。ハイブランドのコートなどであれば、クリーニングにも気を遣います。
当記事では、大切なトレンチコートをクリーニングに出す際に、注意すべきポイント、クリーニングにかかる料金相場について解説します。自宅でのメンテナンス方法などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

宅配クリーニング「ラクリ」

インターネットからクリーニングを注文し、宅配便で衣類の発送や受け取りができるサービス。パック料金なので全品ダウンジャケット・ブランド衣類でも追加料金なしでお得にクリーニングが可能!

 

トレンチコートのクリーニングの値段・料金

トレンチコートのクリーニングの値段・料金

まずは、気になるトレンチコートのクリーニング料金です。トレンチコートのクリーニングは、素材や洗い方、店舗によっても、料金が異なります。

トレンチコートのタイプ別に、基本的な相場について紹介します。

クリーニング料金の相場

トレンチコートのクリーニング料金の相場は次の通りです。

  • 一般的なトレンチコート
    日常使いのトレンチコートのクリーニング料金です。
    料金設定の仕方は、それぞれの店舗やサービスによって違いますが、トレンチコートは、「コート」のカテゴリーで料金設定されているケースが多いようです。
    大手クリーニングチェーンなどでコートの料金を見ると、安い店舗が800円~1,200円程度、高い店舗が2,000円程度となっています。
  • 高級ブランドのトレンチコート
    ハイブランド、高級素材のトレンチコートに関しては、高級コートを専門に取り扱う店舗・サービスがあります。こうした店舗・サービスの場合、クリーニング料金は5,000円以上が多く、平均的に7,000円~1万円程度となっています。

また、一般的な店舗の多くが、通常のクリーニングとは別に、上質仕上げのサービスを提供しています。高級ブランドのトレンチコートなどは、こうしたサービスを使うのも選択肢の一つでしょう。料金は、通常に加え1,000円~2,000円程度が目安です。

ベルトやフードなどの付属品は別料金

トレンチコートのクリーニングでは、ベルトや取り外し可能なフード、装飾品などの付属品が、別料金になる場合もあるので、チェックが必要です。

別料金の場合、例えばベルトであれば100円程度ですが、リアルファーの装飾などだと数千円掛かることもあります。

トレンチコートをクリーニングに出す頻度

トレンチコートをクリーニングに出す頻度

次は、トレンチコートをクリーニングに出す頻度です。基本的に1年に1回を目安に、コートを着るシーズンが終わった後、クリーニングに出すことをオススメします。

コートに汚れが付着したまま次のシーズンまで放置すると、トレンチコートの劣化の原因になるためです。

淡色で汚れが目立つトレンチコートや、着用の頻度が高い場合などは、汚れの状況に応じて、クリーニングに出すようにしましょう。ただ、あまりクリーニングの回数が多くなると、生地を傷めてしまう可能性があります。

大切なトレンチコートを長持ちさせるためには、クリーニングの回数はできるだけ減らすのが無難です。

トレンチコートのクリーニングにかかる日数

トレンチコートのクリーニングにかかる日数

トレンチコートのクリーニングには、どのくらいの日数がかかるのでしょうか。工場併設のクリーニング店などでは、午前中、あるいは午後の早い時間帯までに洗濯物を出せば、即日の受け渡しが可能なケースもあります。

通常の店舗では、トレンチコートのクリーニングにかかる日数は1~3日程度です。
宅配クリーニングの場合は、早いサービスで4日、平均的には1週間程度が見込まれます。

ただ、店休日やサービスを依頼するタイミングによっては、平均以上の日数が掛かるケースもあるので注意が必要です。

また、特殊な素材、オプションサービスを依頼した場合などは、仕上がりまでの時間が長くなることもあるので、事前に店舗やサービスに問い合わせすると安心です。

トレンチコートのクリーニングで失敗しないためのポイント

トレンチコートのクリーニングで失敗しないためのポイント

お気に入りのトレンチコートや、高級トレンチコートを、クリーニングに出してしまっても大丈夫か少し不安―。そんな風に感じる方もいらっしゃることでしょう。トレンチコートのクリーニングで失敗しないためには、次の事項が重要です。

  • クリーニングに出せるか洗濯表示を確認
  • 汚れやほつれがないか確認
  • ベルトやフードの付属品を外す

具体的にどのようにすればいいか、説明していきます。

クリーニングに出せるか洗濯表示を確認

トレンチコートのクリーニングで失敗しないために1番大切なのは、「そもそもクリーニング可能なコートなのか」を確認することです。

確認は、コートの裏地のタグなどにある「洗濯表示マーク」をチェックすることで可能です。
洗濯表示マークは、衣類を適切に洗うための情報を記号で現したもので、「家庭洗濯」「漂白」「乾燥」「アイロン」「クリーニング」の5つの記号で構成。トレンチコートをクリーニングに出せるかどうかは、「クリーニング」の記号を見れば分かります。

「クリーニング」の記号は〇の形です。
例えば、〇の中に「P」の文字がある場合は、「パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる」の意味で、
〇の中に「W」の文字がある場合は「ウェットクリーニングができる」という意味。

また、〇の上に×がある場合は「ドライクリーニング禁止」、〇の中に「W」の文字があり、さらのその上から×がある場合は「ウェットクリーニング禁止」となります。
※洗濯表示マークは2016年11月に現在の様式に変更されました。2016年11月以前のマークには、ウェットクリーニングの表示などはありません。

新しい取扱い絵表示(日本) | 東京都クリーニング生活衛生同業組合

トレンチコートをクリーニングに出す際は、このマークをチェックして、適した方法でクリーニングするようにしましょう。×マークのあるものを出してしまったり、素材に適さない方法でクリーニングしてしまったりした場合は、コートの風合いが落ちる、型崩れするなど、トラブルの原因になります。

汚れやほつれがないか確認

次に大切なポイントは、トレンチコートをクリーニングに出す前に、汚れやほつれなどを確認することです。

トレンチコートの場合、襟足や袖口などが汚れがちですが、そのほかにも、汚れている部分がないか、確認しましょう。さらに、ポケットや裾など、ほつれている場所がないかもチェック。

汚れやほつれを発見した場合は、クリーニングに出す際に、お店側に伝えるようにしましょう。気になる点を事前に伝えておくことで、よりきれいな仕上がりが期待できます。

ベルトやフードの付属品を外す

3つ目のポイントは、ベルトやフードなどトレンチコートの付属品についてです。付属品は基本、に事前に外すようにしましょう。

ただベルトやフードなどは、別料金になることがある一方で、「本体のコートにつけたままならば単一の料金」とする店舗もあり、対応が異なります。紛失を防ぐためにも、付属品の取り扱いについては、受付などで事前確認しておくことをオススメします。

 

宅配クリーニング「ラクリ」

インターネットからクリーニングを注文し、宅配便で衣類の発送や受け取りができるサービス。パック料金なので全品ダウンジャケット・ブランド衣類でも追加料金なしでお得にクリーニングが可能!

 

自宅でできるトレンチコートのメンテナンス

自宅でできるトレンチコートのメンテナンス

大切なトレンチコートの清潔を保ち、長くきれいに着るために、自宅でのケアも必要です。
自宅でのトレンチコートのメンテナンス方法について、ご紹介しましょう。

主な項目は次の通りです。

  • 日常でできるお手入れ方法
  • クリーニング後の保管方法
  • クリーニングに出さないで洗濯する方法

日常でできるお手入れ方法

まずは日常のお手入れ方法について説明します。

  1. ハンガーにかける                                     トレンチコートを着た後は、ハンガーにかけ、ボタンなどもしっかり留めて保存しましょう
  2. ブラッシングする                                      ブラッシングで表面についた汚れを落としましょう。汚れが付着したまま放置すると、コートの黄ばみなどの原因になります。ただブラッシングをし過ぎると、布地に負担が掛かってしまうため、2~3回使用した後に1回のペースでするブラッシングするのがオススメです
  3. 汚れを落とす                                       襟や袖の気になる汚れは、タオルなどを使って落としましょう。おしゃれ着用洗剤を水で薄めて洗剤液をつくり、洗剤液をつけたタオルで汚れを押さえるとことで、汚れをタオルに移すことができます。                                           この際、洗剤液が濃すぎると、布地が傷むので注意してください
  4. スチームでシワを伸ばす                                  シワがついた場合、アイロンのスチームをたっぷり当ててシワを伸ばしましょう。スチームをかけることで、汗の臭いを取る効果もあります

クリーニング後の保管方法

クリーニング後の保管方法について、説明します。クリーニングに出した後のトレンチコートは、保管の仕方によって、湿気でカビが発生するなどのトラブルが起きかねません。適切に保管するよう心がけましょう。

クリーニング後の保管方法は次の通りです。

  1. ビニールカバーを外す                                   クリーニングで被せてもらったビニールのカバーは、つけたままにすると、湿気がこもってしまいますので、外します
  2. 通気のいい場所につるす                                  クリーニング後のハンガーも外し、できるだけしっかりしたハンガーにかけ替え、通気性のいい場所に数日、つるしておきます。こうすることで、クリーニングで使用された薬剤の臭いを取り、乾燥させることでカビを防ぐこともできます。
  3. 防虫剤・防カビ剤を使う                                    薬剤の臭いが取れたら、クローゼットに保管します。なるべく他の衣類との間をあけ、風通しをよくしてください。                                      さらに市販の防虫剤や防カビ剤を使って、カビの発生を防ぐようにします。市販の湿気取りの使用などもオススメです

クリーニングに出さないで洗濯する方法

トレンチコートは、クリーニングに出さず、自宅で洗濯することも可能です。
自宅で洗う方法について紹介します。

手順は次の通りです。

  1. 洗濯表示マークを確認する                                 洗濯表示マークで、手洗いが可能か確認します
  2. 洗濯液に浸す                                       洗面器やシンクに、ぬるま湯を張り、おしゃれ着用の洗剤を投入して洗剤液を作ります。そこに、畳んだトレンチコートを浸します
  3. 押し洗いする                                       20回ほど押し洗いした後、水を何度か入れ替え、泡が出なくなるまですすぎます
  4. ハンガーにかけて自然乾燥                                 すすぎが終わったら、たたんだ状態でトレンチコートを洗濯機に入れ、30秒から1分程度、脱水します。脱水後は、すぐにトレンチコートをハンガーにかけ、自然乾燥させます

水洗いNGトレンチコートも多いので、洗う前に十分に注意し、確認してください。
また、かさばるトレンチコートを自分で洗うのは容易ではなく、非常な労力を要します。やはりクリーニング店に出すのが無難といえるでしょう。

 

宅配クリーニング「ラクリ」

インターネットからクリーニングを注文し、宅配便で衣類の発送や受け取りができるサービス。パック料金なので全品ダウンジャケット・ブランド衣類でも追加料金なしでお得にクリーニングが可能!

 

まとめ

まとめ

トレンチコートをクリーニングする際に知っておきたい、料金相場や注意点についてまとめました。
トレンチコートのクリーニング料金は、店舗によって1,000円前後から1万円程度まで、幅があります。トレンチコートの素材や用途によって適切な店舗・サービスを選ぶのが大切です。

特に大切で高価なトレンチコートなどは、信頼できる店舗・サービスにクリーニングを依頼するのが一番。自宅でのメンテナンスも合わせて行い、愛用のトレンチコートを長く、大切に着ていきましょう。

自宅にいたまま24時間ネットからご注文 コスパがいい宅配クリーニング!