革ジャンのクリーニング料金相場|クリーニングの頻度や自宅でのお手入れ方法も紹介

革ジャンを一目ぼれして購入したのはいいけど、クリーニング料金の相場が分からず、怖くて出せない、という人はいませんか。汗や汚れのある革ジャンをそのまま放置しておくと、二度と着れなくなるかもしれませんよ。今回は革ジャンのクリーリング料金を店舗型・宅配型で徹底比較するとともに、クリーニングに出すときの注意点、普段のお手入れ方法などを紹介します。ぜひ参考にしてください。

   

ラクリの革衣類クリーニングは
有名ブランドも対応!

クリーニングの基本は洗いです。ラクリで使用する洗剤は多種多様で、すべて独自開発。また機械を一切使用せずに、一点ごとの職人によって仕上げていますので品質を重視するならラクリに注文ください。

   

革ジャンのクリーニング料金

革ジャン(本革)のクリーニング料金は、店舗型クリーニングと宅配型クリーニングで違いがありますが、1着5,500円~16,500円(税込価格)となっていました。

店舗型クリーニングでは地域ごとに料金差が生じるケースもあります。革ジャンをクリーニングに出すときは、事前に料金を確認してください。

宅配型クリーニングは、自宅にいながらクリーニングに出せるのが魅力です。店舗が近くにない人、忙しくも持参できない人、介護や子育てで家を空けられない人などが愛用しています。

店舗型クリーニング

革ジャンのクリーニングは店舗型で、5,500円~8,800円となっていました。うさちゃんクリーニングは会員登録をしておくと、割引料金が適用されます。店舗型の場合は、お店に持ち込むため、送料がかかりません。お店の人と直接話ができるため、いろいろ相談できるのもメリットです。

白洋舎7,150円~
ホワイト急便5,500円~(ライナー、ベルト等別)
うさちゃんクリーニング通常8,000円、特別会員7,600円
ポニークリーニング7,000円~

宅配型クリーニング

宅配型クリーニングの料金相場は、8,800円~16,500円でした。リネットは新規利用の場合、20%オフとなっています。革水(かわすい)とリフレザーは皮革専門店です。

 1着当たり送  料
リビナス(皮革製品専門)15,400円無料
キレイナ16,500円7,000円以上で片道無料、 12,000円以上で往復無料。
ラクリ13,800円無料
リネット8,800円無料
ワードロープトリートメント12,430円~17,000 円以上で無料
革水9,900円~8,000円以上で送料片道無料
カドヤ リフレザー8,800円〜3,500円(地域による)

   

革衣類クリーニングで品質重視されるなら
ラクリにお任せください

「ラクリ」ではクリーニング師の資格を持ったプロフェッショナルが、機械では実現できない丁寧な洗いで仕上げています。

   

革ジャンのクリーニングメニュー

革ジャンでよく利用されるクリーニングメニューとして、以下のものがあります。

  • カビ落とし
  • 撥水加工
  • 補色

これらのメニューは別料金となっているケースが多く、利用する際は必ずお店に確認してください。

カビ落とし

革ジャンに生えるカビは、ほとんどが白カビです。小さなカビは自宅で何とか対応できるのですが、カビがびっしり付いている場合は、クリーニングのカビ落としをお願いしましょう。

一度生えたカビは再発しやすいため、革ジャンは水洗いクリーニングを行います。内側や裏地に付いた、見えないカビも洗い流した後、カビ除去剤を用いて、除菌消臭を行うのが一般的です。

カビ落としの料金は550円~2,420円でした。店舗型クリーニング店ではうさちゃんクリーニングが要相談となっています。ポニークリーニングは対応していないため、ご注意ください。

白洋舎2,420円
ホワイト急便記載なし
うさちゃんクリーニング要相談
ポニークリーニング×
リビナス(皮革製品専門)550円
キレイナ2,200円
ラクリ記載なし
リネット記載なし
ワードロープトリートメント記載なし
革水記載なし
カドヤ リフレザー記載なし

撥水加工

クリーニングの撥水加工は、通気性を確保しながら、水を吸いにくくする特殊な加工を施します。革は水を吸収しやすい性質があるのですが、水を吸って乾くと、革がガチガチに硬くなり、風合いが損なわれてしまうことがあります。革ジャンを水から守り、経年劣化を遅らせるのに撥水加工は効果的です。クリーニングに出すときは、撥水加工をしてもらいましょう。

撥水加工の料金は2,200円~3,300円となっています。

白洋舎2,420円
ホワイト急便記載なし
うさちゃんクリーニング要相談
ポニークリーニングセット料金に含
リビナス(皮革製品専門)3,300円
キレイナ2,200円
ラクリ記載なし
リネット440円
ワードロープトリートメント記載なし
革水記載なし
カドヤ リフレザー2,500円

補色(リカラー)

革ジャンは着ているうちに、色あせします。色あせた革ジャンをよみがえらせ、色を加える技術が補色(リカラー)です。色補正は職人の腕の見せ所でもあるのですが、出来上がってから想像していた色と違う、ということも起こりがちです。そんなときは真っ黒に色を変えることもあります。

補色の料金は、3,300円~11,000円となっています。キレイナでは、クリーニングと補色をセットにしたコースがあります。

白洋舎一定範囲無料
ホワイト急便6,930円
うさちゃんクリーニング要相談
ポニークリーニング×
リビナス(皮革製品専門)11,000円
キレイナ3,300円(補色のみ) カラーリフレッシュコース(クリーニング+補色)22,000円
ラクリ記載なし
リネット記載なし
ワードロープトリートメント記載なし
革水(単色)6,600円~
カドヤ リフレザー無料

革ジャンをクリーニングに出す頻度

革ジャンをクリーニングに出す頻度は、シーズン中毎日のように着る人であれば2年に1回、数回しか利用しない人は4、5年に1回ぐらいの割合がおすすめです。ただし、汚れがひどい場合はただちにクリーニングに出してください。

革ジャンはデリケートな素材のため、毎年のようにクリーニングに出すと生地を傷めてしまします。普段の手入れをしっかり行うことで、クリーニングに出す頻度を抑えることが可能です。

出すタイミングは、シーズンオフとなる5月中旬以降に出す人が多いようです。

革ジャンのクリーニングの注意点

合皮の革ジャンを取り扱っていないクリーニング店があります。対応が不明な場合、店舗型は直接お店の人に聞いてください。宅配型であれば、ホームページの問い合わせを活用して、確認しましょう。

革ジャンをクリーニングに出す前は、カビや汚れを確認した上で、写真を撮るようにしてください。ベルトなどの付属品がそろっていることも確認しましょう。付属品のクリーリング料金が別料金となるお店もあります。

ほつれや破れがあったり、ファスナーが壊れている場合、サービスとして無料で修理してくれるお店がある一方で、対応できないと返品するお店もあります。お店によって対応は異なるため、事前にどのようなサービスをしてくれるのかを確認しましょう。

革ジャンのお手入れ方法

革ジャンで外出し、帰宅した後、そのままクローゼットにしまっていませんか。見た目はきれいでも、ほこりやアカが付着しているかもしれません。革ジャンは、お手入れ次第で長く着ることができます。丈夫そうにみえても、湿度や汚れに弱いため、お手入れが必要となるのですが、かといって手をかけすぎるのも禁物です。

お手入れ方法に関する正しい知識を身に付けて、大切な革ジャンを長持ちさせましょう。

普段のお手入れ

普段のお手入れに必要なものは以下の通りです。

外出先から帰宅した後、毎回革ジャンの表面に付いたホコリや汚れを払いましょう。馬毛ブラシは、毛がギュッと詰まっているのでホコリ落としに適しています。袖口や襟、ポケット、ファスナーやボタンの周辺はホコリがたまりやすいので、念入りにブラッシングしてください。

クリームやミンクオイルを使ったお手入れは、毎回する必要はありません。シーズンオフや使い始めるタイミングの年1~2回で十分です。ブラッシングした後、クリームを塗るのですが、薄く塗るのがポイントです。塗った後は、柔らかめのタオルやクロスを使って、刷り込んでください。

お手入れが済んだ後は、風通しの良い暗い場所に吊るします。クローゼットにしまう場合は、ビニール袋から出して保管しましょう。

カビが生えてしまったときのお手入れ

カビが生えてしまったとき、お手入れに使用するものは以下の通りです。

小さなカビが生えた場合、自宅でもお手入れが可能です。

まず表面に付いたカビを払い落した後、カビ取りスプレーもしくはレザリアンローションをタオルに含ませて、カビを取り除きます。カビを広げないようにしてください。歯ブラシでファスナーや縫い目などを念入りにこすります。2∼3時間乾燥させた後、クリームを塗り込み、普段通りのお手入れを行います。

重曹を使ったお手入れ

カビ取り用スプレーや専用のオイルを使わずに、重曹を使ったお手入れも可能です。アルカリ性の重曹は皮脂汚れを取るだけでなく、臭い取りにも使えます。

準備するものは以下の通りです。

まずは重曹水を作ります。ぬるま湯100mlに小さじ1の重曹を溶かします。タオルに重曹水を含ませ、カビを拭き取ります。タオルで落ちない場合は、歯ブラシに重曹水を含ませて、取り除きます。新しいタオルで残った重曹水を拭き取った後、クリームなどで油分を補給します。

水に濡れたときのお手入れ

水に濡れたとき、以下のものを用意します。

革ジャンが水に濡れたとき、乾いたタオルでしっかりと拭き取ります。内側に新聞紙を入れて、タオルを押し付けるようにして水を拭き取るのがポイントです。早く乾かそうと、ドライヤーを使う、シミの原因なるので使わないようにしましょう。

乾かすときは、直射日光を避けて、風通りの良い暗い場所で吊るしてください。その後、クリームなどで油分を補給し、防水スプレーをかけておくと良いでしょう。

   

革衣類クリーニングをネットで簡単注文!

「ラクリ」の革靴クリーニングはネットでかんたんに注文ができます。
ご依頼品に対するご要望なども細かく受付していますので気軽にご注文ください。

   

まとめ

革ジャンのクリーニングについて、料金の比較、カビ取りや撥水加工などのオプション料金、普段のお手入れ方法などについて紹介しました。革ジャンは使えば使うほど風合いが増す、一生もののアウターです。定期的にクリーニングに出して、スッキリするだけでなく、普段のお手入れにも気を使い、大切に着てください。