クリーニング預かり保管サービスとは?メリット・デメリットをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅の収納スペースが狭かったり、オフシーズンなのに冬服がかさばってしまったりする経験はありませんでしょうか?ここではその悩みを解決してくれる保管クリーニングサービスの内容をメリット・デメリットを踏まえながら紹介します。

預かり保管サービスとは

預かり保管サービスとは、クリーニングに出した衣類をクリーニング業者が長期間にわたり保管してくれるサービスです。依頼する業者によって保管期間が異なります。保管サービスを利用することで自宅の収納スペースはスッキリとし、衣替えも楽にできます。

クリーニングの預かり期間

依頼する業者によって保管期間はさまざまですが、短くて1ヶ月以内、長くて12ヶ月程度の保管してくれる業者があります。うっかり衣類を預けていたことを忘れてしまい受取り期間が超過すると、延長料金や衣類を破棄されてしまいますので注意が必要です。

保管サービスのメリット

  • 自宅の収納スペースはスッキリとする
  • 環境が良い場所で保管してくれる
  • 保管期間中は返却がいつでもできる

自宅の収納スペースはスッキリとする

自宅の収納スペースがスッキリすることで衣替えの季節などでも楽に収納できます。収納スペースが狭い自宅などで衣類を預かってくれるサービスはメリットになります。

クリーニング店だからこそのベストな保管環境

自宅保管と違い、クリーニング後に温度・湿度・遮光など適切な環境に管理された専用ルームで保管してくれる業者もあるので安心です。

クリーニング後に保管するため衣類の傷みや臭いなどの心配もありません。キレイな状態で返却してもらえることができます。

保管期間中はいつでも返却OK

預けていた衣類が必要な季節になったら衣類を返却をしてもらうことができます。ほとんどの業者が返却に面倒な手続きなどもありませんので、楽に保管サービスを利用することができます。

預けている期間中は指定した返却日まで、返却不可能かというとそうではありません。ただ返却してもらった衣類を再度保管してもらうことはできませんので注意が必要です。

保管サービスのデメリット:今すぐ必要な衣類を使用できない

保管期間中はいつでも返却をすることができますが「預けている衣類を明日使用したい」と思ってもすぐには手元に届きません。業者が衣類を保管している場所はクリーニング店と別の場所にあることが多いため、先々で使用する予定の衣類があれば余裕をもって返却依頼をする必要があります。

クリーニング預かり保管をしてくれる種類

ほとんどの衣類はクリーニング後に保管をしてくれますが、中には保管が難しい衣類もあります。

  • 革製品、毛皮製品
  • 着物、浴衣類
  • 下着、水着類
  • ぬいぐるみ
  • バッグ など

上記は一般に保管が難しいとされる衣類となりますが、業者によっては保管してもらえるところもあるため、依頼前に確認するようにしましょう。

まとめ

店舗型のクリーニングを利用される方も多いですが、最近では宅配・保管クリーニングのサービスを利用される方が増えてきています。昨今ではクリーニング預かり保管サービスを展開するクリーニング店が増えています。

料金もクリーニングに出す衣類の枚数によっては宅配型がお得になる場合もありますので、ご自身に合う最適なサービスを選択しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*