スーツをクリーニングに出す頻度は夏と冬で違う!料金相場や必要な日数を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスシーンで日々活躍するアイテムであるスーツ。毎日パリっとスーツを着こなして仕事に向かう人も多いはずです。しかし、スーツをクリーニングする頻度や料金、適切な出し方を正しく理解している人は意外と少ないかもしれません。

スーツを適切な頻度でクリーニングに出すことにより、清潔感を維持でき、長く快適に着用することができます。最適な頻度は、季節やスーツの種類、汚れ具合によって異なりますが、今回は目安となるクリーニングの頻度や料金の相場、出し方のポイントなどについて解説していきます。

スーツをクリーニングに出す頻度

ビジネスパーソンにとって必須アイテムであるスーツ。スーツには、大きく分けて仕事用スーツと礼服用スーツがあり、種類によって着用する頻度が異なるため、クリーニングの頻度も異なります。

春・夏用の仕事用スーツであれば、汗をかけばかくほど汚れや臭いが蓄積してしまうため、目安として「2週間に1回」の周期でクリーニングに出すのがおすすめです。

秋・冬用の場合、内側すべてに裏地がある「総裏」が多く、汚れや湿気から表地を守る役割を果たしてくれるため、「1シーズンに1回」の周期でクリーニングに出すのがおすすめです。

礼服用などの高級スーツは、1回着てからクリーニングに出さず次の機会まで保管しておくと、カビだらけになっていることもあります。そのため、着用したスーツはその都度クリーニングに出しましょう。

スーツは、ジャケットとズボン、スラックスなど上下ともにクリーニングに出す頻度は変わりません。基本的には上下セットで出しましょう。理由として、上下別で出すことによる風合いの変化を防止できるからです。

上記は基本的なスーツをクリーニングに出すべきタイミングですが、すぐにクリーニングに出した方がいい場合もあります。

今すぐクリーニングに出す必要があるスーツの状態は、下記の通りです。

今すぐクリーニングに出す必要がある状態
・普段よりも汗をかき、臭いなどが気になる
・目に見える汚れや黄ばみがある
・雨や雪などでスーツが濡れてしまった

スーツのクリーニング頻度を減らす方法

スーツのクリーニング頻度を減らすためには、適切な扱い方を知る必要があります。

下記は、スーツのクリーニング頻度を減らすための適切なお手入れ方法です。

スーツの適切なお手入れ方法
・ブラッシングで埃や汚れを落とす
・スーツ専用のハンガーを利用する
・適切な環境で保存する

1日中着用したスーツには大量の埃が付着しており、放置すると繊維内に埃が入り込み、虫食いの原因にもなります。毎日ブラッシングをするとスーツをきれいな状態に保てるため、クリーニングの頻度も減ります。

ブラッシングのポイントとして、毛の流れに逆らわないように、ブラシは地面と水平に持ってかけましょう。また、力を入れすぎず優しくかけてください。基本的には、毎日スーツの上から下に向かってブラッシングしましょう。

また、肩先が50mm以上ある厚めの木製ハンガーを使用すると、スーツの型崩れが防げます。スーツのズボンは、つるして挟むタイプのハンガーを使用すればしわ取りにも効果的です。

さらには、高温多湿な場所や直射日光の当たる場所、風通しの悪い場所を避けてスーツを保管することも大切です。

クリーニングに出すこのが面倒に感じても、ウォッシャブルスーツ以外のスーツは型崩れしたり縮んだりするため、自宅で洗濯や水洗いは行わない方がよいでしょう。

スーツクリーニングの値段・料金相場

スーツ上下をセットでクリーニングに出すときの基本的な値段の相場は下記の通りです。

スーツをクリーニングに出すときの相場
・チェーン店:1,000円~2,000円
・個人経営店:2,000円~3,000円
・宅配クリーニング:1,000~2,000円+送料

上記は平均的な金額ですが、一般的にはチェーン店や宅配クリーニングの方が安く、個人経営店は高い傾向があります。

クリーニングに出す際は単純に料金を見るだけでなく、染み抜きなどのオプション料金が無料かどうかなど、サービス面もチェックした方がよいでしょう。

特に宅配クリーニングの場合は、配送料が有料か無料かで代金も大きく異ってくるため、、その点もチェックしてください。

また、スーツは汚れ具合によってクリーニングの方法が異なります。そのため、事前にどのような種類の汚れなのかを確認しておく必要があるでしょう。

クリーニングの方法は、ドライクリーニングとウェットクリーニングの2種類があります。

ここからは、それぞれの特徴や料金、落とせる汚れについて紹介していきます。

ドライクリーニングとは

ドライクリーニングとは、水の代わりに有機溶剤を使用してクリーニングする方法です。

スーツの一般的なクリーニング方法であり、料金設定もドライクリーニングの価格となっています。

ドライクリーニングは、油溶性の汚れに強いメリットがある一方、水溶性の汚れが落とせないデメリットもあります。

下記は、ドライクリーニングで落とせる汚れの例です。

ドライクリーニングが落とせる汚れ
・油汚れ
・皮脂による黄ばみ
・埃
・ボールペンなどの汚れ

清涼飲料水やアルコールなど水溶性の汚れ以外は基本的にドライクリーニングでよいでしょう。

ウェットクリーニングとは

ウェットクリーニングとは、ドライクリーニングだけでは落ちにくい醤油や食べこぼしなどの汚れを、型崩れを起こさないように特殊な洗剤を使用して水洗いする方法です。自宅の水洗いと違い、生地が傷んだり、風合いが損なわれたりすることもありません。

ドライクリーニングの料金と比較して、ウェットクリーニングは600円~1,000円程度高くなります。

衣類にしみ込んだ汗など水溶性の汚れは90%以上落とせますが、洗わずにそのまま放置した結果できてしまう黄色い汗じみは、ウェットクリーニングのみでは落としきれないデメリットがあります。

下記はウェットクリーニングで落とせる汚れの例です。

ウェットクリーニングが落とせる汚れ
・コーヒー
・醤油
・汗

ウェットクリーニングはドライクリーニングよりも高い技術を要し、仕上がりにも時間がかかるため、ドライクリーニングだけでは対応できない汚れがある場合に利用しましょう。

オプションの料金目安

スーツのクリーニングで一般的なオプション料金の目安は、下記の通りです。

オプション内容チェーン個人経営宅配
汗抜き加工300円~2,000円1,400円~2,100円500円~1,000円
撥水加工500円~1,000円1,500円~2,000円500円~1,000円
折り目加工1,000円前後1,000円前後500円前後
防虫加工500円~1,000円500円~1,000円500円~1,000円

汗抜き加工とは、ドライクリーニングだけでは落とせない汗の臭いを落とす加工です。自宅で洗濯ができないスーツは、汗抜き加工を行わないと臭いが残るため、暑い時期の汗抜き加工は必須でしょう。

また、撥水加工によりスーツが水に濡れてもガードしてくれるため、長持ちさせたい方にはおすすめです。

折り目を形状記憶する折り目加工をズボンに施せば、いつでもしっかりと型のついた清潔感のあるスーツを着ることができるでしょう。

礼服用スーツなどあまり着ないものは防虫加工を施すと、長期間クローゼットに保管しておく際の虫食いを防止できます。

宅配クリーニングの中には、クリーニングに加えて保管サービスを展開しているお店もあるため、季節の変わり目にクリーニングに出し、適切な環境で次のシーズンまで保管してもらうことをおすすめします。

スーツをクリーニングした時の日数・期間

スーツをクリーニングに出した際にかかる日数は、スーツの状態や店舗により若干の差がありますが、目安として1~3日かかります。

通常のドライクリーニングは上記の日数が目安ですが、ウェットクリーニングの場合は1週間程度かかることもあります。

宅配クリーニングの場合、集荷キットが届くまで1~2日かかり、集荷から自宅に届くまでさらに1週間程度かかるでしょう。住んでいる地域によってもかかる日数は異なるため、急いでいる場合は店舗型のクリーニングを利用した方がよいでしょう。

最短即日で受け取ることも!

店舗クリーニングでは、最短で即日受け取りが可能なところもあります。しかし、必ず当日仕上げというわけではなく、店舗によっては条件があるため、急ぎの場合は事前に確認しておく必要があるでしょう。

即日対応している店舗の中で、1日で受け取るための条件としてよくある例は下記の通りです。

1日でスーツのクリーニングをしてもらうための条件
・午前中(12時)までにクリーニングをお願いする
・汗抜きなどのオプションをつけない
・夕方(17時以降)に受け取りに行ける

上記のように、即日で受け取るためには、午前中までにスーツを持ち込むことが必須となります。また、急ぎの仕上げとなるため、オプションはつけられない場合がほとんどです。さらには、夕方から店舗が閉まるまでの間に受け取りに行く必要があります。

即日対応している店舗でも、その旨を伝えないと対応はしてもらえないため、利用したい場合は必ず即日に受け取りたいことを伝えましょう。

また、宅配クリーニングの場合、衣類を預けてから最短2日で受け取れるサービスもあります。さらには、早朝・夜間には1時間幅で受け取り時間を指定できるものや、コンビニから24時間配送できるものもあるため、店舗が開いている時間に仕事がある人は宅配クリーニングの利用を検討してみてもよいでしょう。

出し方のポイント

スーツをクリーニングに出し慣れていない人がミスしやすいポイントがあります。

下記はスーツをクリーニングに出すときの注意点です。

スーツをクリーニングに出すときの注意点
・スーツの上下(ジェケット・ズボン)はセットで出す
・ポケットの中に装飾品などが入っていないかチェックする
・汚れがある部分を伝える洗濯表示を確認する

スーツの上下は必ずセットで出しましょう。別々でクリーニングに出すと、風合いや色落ちが上下で異なってくることがあります。

また、ポケットの中に時計や指輪などが入っていないか事前に確認しましょう。ポケットの中はクリーニング店でチェックされない場合があり、そのままクリーニングすると装飾品が傷つく可能性があります。

クリーニング店のスタッフに汚れのある部分も伝えましょう。何も伝えずにクリーニングに出すと、汚れが取れていないことがあります。

事前に洗濯表示を確認しておけばクリーニング店での対応がスムーズになります。洗濯表示は衣類に必ずついており、洗濯する際の注意事項が記載されています。まずは自身で確認し、最適なクリーニング方法を把握しましょう。

まとめ

ビジネスパーソンにとって大切なアイテムであるスーツ。スーツを適切な頻度でクリーニングに出すと、長く着用できます。スーツの種類や汚れ具合によってクリーニングの頻度は異なってくるため、まずは正しい知識を身につけることが大切でしょう。

忙しくて店舗に行く暇がない、店舗が開いている時間に行けない人は、24時間ネットから注文でき、自宅にいながらスーツクリーニングが完結する宅配クリーニングをおすすめします。大切なスーツをより快適に着こなすために、自身に合ったクリーニング方法を見つけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*