ワイシャツのクリーニング料金相場|頻度や仕上がりまでの日数を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目印象を大きく左右する「ワイシャツ」は、いつも綺麗にしておきたいもの。クリーニングの頻度も高いため、なるべくお得なクリーニング店を探している方が多いのではないでしょうか。

しかし、店によって価格帯も料金形態も異なるため、料金比較は簡単ではありません。そこで今回は、ワイシャツのクリーニング料金の相場を、店の種類別にわかりやすくご紹介します。

ワイシャツのクリーニング料金相場

ワイシャツのクリーニング料金の相場は、一枚あたり200~900円程度。ただ、クリーニング店の形態によって大きく異なります。クリーニング店の形態は、大きくわけると以下の2つです。

  • 店舗型
  • 宅配型

「店舗型」は、自分でワイシャツを持ち込む手間がかかる反面、単価は非常にリーズナブル。一方で「宅配型」は、単価は上がるものの利便性が抜群です。

それぞれの形態の料金相場を、詳しくチェックしてみましょう。

店舗型

店舗型におけるワイシャツのクリーニング料金の相場は、一枚あたり150~350円程度。店ごとの料金差は、200円前後です。また、同じ店であっても、地域によって数十円単位の料金差が発生するケースもあります。

店舗型は、衣類ごとに料金を設定する「個別料金制」がほとんど。中でもワイシャツは、他の衣類に比べて圧倒的に安く設定されています。

そのため、単価の安さを重視したい方には店舗型がおすすめです。また、一枚から手軽にクリーニングへ出せる点も魅力のひとつ。しかしその一方で、店舗へ出向くのに手間も時間もかかるというデメリットも。日々時間に余裕のない方や、多くの衣類を一度にまとめて出したい方には不向きだと言えます。

宅配型

宅配型におけるワイシャツのクリーニング料金の相場は、一枚あたり500~2,000円程度です。店や選ぶプラン(パック)によって、1,500円前後の差が出ます。

宅配型は、「10点〇〇円」などの枚数ごとに料金を設定する「パック料金制」が主流。枚数が多いほど、一枚あたりの単価は安くなっていきます。

衣類ごとの料金は一律なので、ワイシャツなどの元々クリーニング料金が安いアイテムの場合は、やや割高になってしまいがち。しかし、クリーニング料金が高い衣類とまとめて出せば、総額は店舗型よりも安く抑えられるケースが大半です。また、自宅でクリーニングが出せる利便性の高さはもちろん、オフシーズンの衣類を預かってもらえる「長期保管サービス」がほとんどの店で利用できるのも魅力といえます。

宅配クリーニング「ラクリ」もパック料金制を採用しており、5点・10点・15点・20点の4プランから選べます。最も単価の安い20点パックと、一週間分をまとめて出せる5点パックの一枚あたりの料金を見てみると、

【長期保管あり】

  • 20点パック→1,084円
  • 5点パック→1,896円

【長期保管なし】

  • 20点パック→940円
  • 5点パック→1,496円

と、相場どおりの価格です。

しかし、ここでチェックしておきたいのが「ラクリ」は無料サービスが充実している点。どんな素材の衣類も追加料金0円であるほか、一般的には料金が発生するオプションも無料なのでお得に利用できます。

宅配クリーニング+保管「ラクリ」の20点コースはこちらから

ワイシャツのクリーニングオプション料金

ワイシャツのクリーニングオプションは、

  • シミ抜き
  • 黄ばみ落とし

などが一般的です。

なお、宅配クリーニング「ラクリ」のオプションは

  • シミ抜き(無料)
  • ボタン修理(無料)
  • 毛玉取り(無料)
  • 衣類付属品クリーニング(無料)
  • ロイヤル仕上げ(無料)
  • 再仕上げ(無料)
  • 撥水加工(1点あたり+1,000円)
  • 汗抜き(1点あたり+500円)

などが設定されており、オプションの種類が多く、かつほとんどのオプションが無料であることがわかります。

ラクリの無料サービスを確認する

ここで、参考までに一般的なワイシャツのクリーニングオプションの料金相場をチェックしてみましょう。

シミ抜き

ワイシャツの「シミ抜き」にかかる料金の相場は、500~5,000円程度。特に落ちにくいシミや広範囲に付着したシミなどを抜く場合は、料金が上がる傾向にあります。

日々着用するワイシャツには、シミや汚れがつきもの。クリーニング料金は安くとも、シミ抜きオプションの費用がかさめば結局は割高になってしまうこともあります。長い目で見てお得に利用できるように、トータルコストを重視して選びましょう。

黄ばみ落とし

ワイシャツの襟周り・脇などの「黄ばみ落とし」にかかる料金の相場は、500~5,000円程度とシミ抜きと全く同じ。クリーニング店で黄ばみを落とす場合、通常の黄ばみはクリーニングで、頑固な黄ばみはシミ抜きで対処するためです。

そもそも黄ばみは汗や皮脂が原因なので、ワイシャツの襟元に皮脂がつかないようにする・洗濯方法を工夫するなどの対策を行えば、ある程度予防することもできます。しかし、一度黄ばみ始めてしまうと自宅ではなかなか落とせないもの。ワイシャツのしつこい黄ばみに悩まされている方は、なるべくお得にプロの力を借りてみてください。

ワイシャツをクリーニングする頻度

ワイシャツは、一回着用したらクリーニングに出すのが理想。とはいえ、「着るたびに出すのは金銭的に厳しい」という方は、「自宅での洗濯は3回まで」を目安にしましょう。

自宅でワイシャツを洗濯した場合、一見キレイに見えても汗や垢が落とし切れていないケースが多く、黄ばみやニオイの発生に繋がってしまいます。

しかし、クリーニングであれば汚れをしっかりとリセット可能。また、仕上げに「洗濯のり」でコーティングしてもられるので、新たな汚れも付着しにくくなります。

真っ白でパリッと「のり」のきいたワイシャツは、見た目も気持ちも引き締めてくれるもの。ぜひ最大限にクリーニングを活用してみてください。

ワイシャツのクリーニング日数

ワイシャツのクリーニングにかかる日数は、店舗型と宅配型で異なります。

店舗型の場合、1~2日程度が一般的。店舗によっては、午前中に出して夕方仕上がる「半日仕上げ」が可能なところもあります。ただ、個人経営店や高級店は、体制や作業工程の違いから多少長めにかかるケースもあるため留意しておきましょう。

一方で宅配型は、2~5日程度かかることがほとんど。仕上がりに時間がかかる衣類と一緒に出すと、これより長くかかる可能性もあります。宅配型を利用する際は、日数にある程度余裕をもって出しておくと安心です。

取り扱い対象外のワイシャツ

ワイシャツをクリーニングに出す際、ワイシャツの状態によっては取り扱い対象外になってしまう可能性もあります。

取り扱い対象外になるのは、以下のようなケースです。

  • 洗濯表示がすべて×であるもの
  • 汚物がついているもの
  • ペットの毛が大量についたもの
  • 穴やキズなど損傷がひどいもの
  • 濡れた状態のもの

など

基本的に、「衛生面に問題があるもの」や「クリーニングの工程でダメージが広がる恐れがあるもの」は、取り扱い対象外と判断されます。また、濡れている衣服も、輸送中にカビや臭いが付いてしまうためNG。せっかくクリーニングに出したのに拒否されてしまった…なんていうことにならないよう、事前にしっかりと確認した上で利用しましょう。

まとめ

ワイシャツ一枚あたりのクリーニング料金は、店舗型のほうがリーズナブル。しかし、他の衣類とまとめて出す場合は、総額で考えると宅配型に軍配が上がることがほとんどです。また、オプションによっても総額は大きく左右されるため、特に「シミ抜き」などの頻繁に発生するオプション料金もチェックする必要があります。

日頃のクリーニングの利用状況などを踏まえて、賢く活用してみましょう。

宅配クリーニング+保管「ラクリ」はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*