白衣クリーニングの料金相場|白衣の使用用途別クリーニング頻度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白衣は普段着用するおしゃれ着とは違い、薬品や血液など特殊な汚れがついているため「クリーニング料金が高くなるのでは?」と心配な方もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、白衣のクリーニング料金は普段着のクリーニング料金とあまり変わりません。ただし、クリーニングを依頼するお店の形態によって、クリーニング料金に差が出る可能性は出てきます。

そこで今回は、白衣クリーニングにかかる料金をご紹介。職業別にクリーニングを利用する頻度にも触れているので、自身の職業と照らし合わせて参考にしてみてください。

白衣クリーニングの料金相場

白衣をクリーニング出す際にかかる料金の相場は700~1,600円です。利用店舗にもよりますが白衣のサイズによって料金が異なる場合もあります。

また、店舗型と宅配型によっても料金に差が出てくるので、どちらがお得にクリーニングできるのかよく比較する必要があるでしょう。

店舗型

店舗型で白衣をクリーニングに出す場合は、700~2,000円程度かかります。店舗型のメリットとしては、仕上がりが早いことが挙げられます。宅配型クリーニングの場合、クリーニングにプラスして配送の時間がかかるため、受取りまでの期間が長くなりがちです。しかし、店舗型であれば、クリーニングが終われば自分の良いタイミングで受け取ることが可能です。

ただし、クリーニング店までの距離に応じて取りに行くための時間がかかります。自宅近くにクリーニング店がない人は少々面倒に感じるでしょう。

宅配型

宅配型クリーニングで白衣をクリーニングする場合は、900~1,200円ほどかかるのが一般的です。宅配型クリーニングのほとんどは点数パックであることが多く、衣類の素材やサイズに関係なく料金が決まるので、店舗型とあまり値段に差がありません。むしろ素材によっては店舗型よりもリーズナブルになることもあります。

宅配クリーニング「ラクリ」も点数パック制です。衣類の種類によって金額の変動がないため、高価になりやすい素材などは特にお得に利用ができます。また、スマホ1つで自宅まで集荷・配達してくれるため、クリーニング店まで出向くのが面倒な人や忙しくて時間がない人におすすめですよ。

デメリットとしては、集荷・配送の時間があるため、着用したいときに着られない可能性がある点が挙げられます。店舗型にも言えることですが、余裕を持ってクリーニングの手配をすれば、宅配型のデメリットは相殺されるでしょう。

白衣クリーニングの頻度

白衣は着用する人の職業によって、クリーニングに出した方が良い頻度が異なります。仕事着である白衣が汚れていると、会社や病院の衛生面を疑われ、評判が下がることもあるため、適切な頻度でクリーニングを利用しましょう。

医療従事者

医療従事者は、1回着用したらクリーニングに出すようにしましょう。毎回出すのが難しい場合でも2~3回の着用に1回はクリーニングを利用することをおすすめします。

医師限定コミュニティサイトを運営するメドピアが発表した調査によると「感染リスクと白衣を着替える頻度は比例する」といった結果が出ています。二次感染を防ぐためにも着用する度にクリーニングに出すのが理想的です。

また、白衣は真っ白であるため、汚れや黄ばみが目立ちやすい衣類です。汚れがついたままの白衣だと、病院全体の衛生面を疑われることもあるため、頻繁なクリーニングが必要です。目立つ汚れがなくても、雑菌やホコリ、汗などの汚れが付着している可能性も考えられます。特に夏は汗をかきやすいため、「仕事終わりに毎回クリーニング店を利用する」くらいの気持ちが重要です。

教員

教育現場でも白衣を着用する機会は多いため、最低でも週に1度はクリーニングに出すようにしましょう。特に理科教師や養護教諭は薬品や血液などで汚れる可能性があります。そのため週に1度のクリーニングに加えて汚れたらその都度クリーニングに出すのをおすすめします。

教育現場では、参観日などでなくてもちょっとした用事で保護者が訪問してくることもあります。その際、汚れた白衣を着用したままでは、保護者からの信頼を損ないかねません。最悪の場合、教育委員会にクレームが届くといったことも考えられます。保護者の方に安心して子どもを預けてもらうためにも、週に1度はクリーニングに出すようにして、白衣の汚れに気を配りましょう。

研究員

研究員の場合は、少なくとも1週間に1度はクリーニングに出しましょう。研究職の場合は、業務上、特殊な薬剤や微生物などが白衣に付着している可能性あります。家庭用の洗剤では落ちないどころか、洗濯機に残留して下着などの他の衣類に付着するといったケースも考えられます。そのため、洗濯機での白衣の洗濯はおすすめできません。同じ理由でコインランドリーの利用も控えた方が良いでしょう。

また、上記の理由から研究員が使用する白衣を洗濯する場合は、特殊な処理が必要となります。その点、クリーニング店であれば、必要に応じた対応をしてくれます。薬品や微生物などが他の衣類に付着するのを防いだ上で洗濯をしてくれるので、残留薬剤などの心配もありません。

薬品によっては汚れが落ちづらいため、週に1度といわずに汚れたらすぐにでもクリーニングに出す方が良いでしょう。

飲食店員

「コックコートの汚れ=お店自体が汚い」という印象を持たれかねない飲食店では、3日~1週間の頻度でクリーニングを利用することをおすすめします。

特に厨房で料理を担当するスタッフのコックコートは汚れやすいため、毎日でもクリーニングに出したいところです。

自宅で洗濯をしても良いのですが、飲食店での汚れはほとんどがしつこい油汚れです。経費削減のために、クリーニングに出すことを怠ると油が酸化してさらに汚れは落ちにくくなります。

お客様から衛生面も重視されやすい飲食店では、スタッフの見た目によって集客率が左右されかねません。清潔感を出すためも、少なくとも3日に1回はクリーニングに出すことをおすすめします。

学生

看護学生であれば、実習がある期間は毎日でもクリーニングに出す方が良いでしょう。医療現場では清潔感が大切です。白衣が汚れているだけでも、衛生管理が行き届いていないといった噂が立つこともあるので注意が必要です。

また、患者さんの中には、「実習生=未熟である」といったイメージを持っている人も少なくありません。その上で白衣が汚れているとなると、元々高くない信用度をさらに落としてしまいます。実習生であっても病院で働いている間は病院の職員です。病院の評判を落としてしまうことがないよう、白衣の汚れには気を配りましょう。

白衣クリーニングは即日で仕上がる?

白衣のクリーニングは、ウイルスや細菌類の除去に特別な処理が必要なため、最短でも3日はかかります。しかし、店舗によっては即日仕上げに対応してくれることもあるようです。汚れの状態などにもよりますが、急ぎの場合はスタッフの方に相談してみましょう。ただし、即日仕上げは特急料金が発生する場合がほとんどです。通常のクリーニングよりも割高になることもあるので、注意しておきたいところです。

店舗型よりも少し時間がかかりますが、忙しい医療職や研究職、飲食店、学生などは宅配クリーニングもおすすめです。理由は、自宅にいながらスマホ1つでクリーニングの手配ができ、集荷・配達まで行ってくれるため、クリーニング店に寄る時間を節約できます。

また宅配クリーニング「ラクリ」では、点数制を採用しているため、衣類のサイズや素材で料金が変動することはありません。さらに送料無料、最高品質のロイヤル仕上げ無料、シミ・汗抜き無料など、通常であればオプション料金が発生するサービスも無料で提供しています。

まとめ

白衣のクリーニング料金の相場は、700~1,600円程度です。店舗型と宅配型の料金に大差はありません。宅配型クリーニングは料金が高くなると思われがちですが、クリーニングに出したい衣類の点数や素材によっては店舗型よりも安くなることもあります。

さらにクリーニングに出しに行く時間や取りに行く時間など、クリーニングのための時間もかかりません。そのため、白衣を着用する忙しい職種の方にはおすすめのサービスです。

新型コロナウイルスが流行して衛生面への判断基準が上がっている現在。送料がかからず、ロイヤル仕上げ、シミ・汗抜き、ボタン修理など、さまざまなサービスが無料で付いてくる宅配型クリーニングサービス「ラクリ」を利用して、いつでも白衣を綺麗な状態に保ちましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*