クリーニングのシミ抜きサービス|値段や効果、取扱対象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「洋服を収納する際に見落としていた汚れがシミになっていた・・・」なんて体験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

時間が経った頑固なシミは、家庭で落とすのが難しいものです。シミを落とすのに必死になってゴシゴシこすった結果、破れてしまったり色落ちしてしまったり・・・なんてこともあるでしょう。

大切な洋服を長く着たいのであれば、シミ抜きはクリーニングに出すのがおすすめです。そこで今回は、クリーニング店のシミ抜きサービスについて、値段や効果、シミ抜きにかかる期間などを紹介します。洗濯のプロだからこそ、生地を傷めず綺麗にシミ抜きをしてくれますよ。

クリーニングのシミ抜きサービスとは

クリーニング店では、汚れが付着して繊維に染みこんでしまった状態であるシミを落としてくれる、シミ抜きサービスを展開しています。シミ抜きでは、スタッフが汚れの原因を見極めてシミ抜きの方法を判断します。さらに衣類の素材にあうシミ抜き方法を選択しなければいけないため、シミ抜きに対する豊富な知識と熟練の技が必要な難易度の高い工程です。

また、シミ抜きは、オプションとして追加料金を請求するクリーニング店もあれば、無料で対応してくれるクリーニング店まであり、対応は店舗によって異なります。頑固なシミは料金が跳ね上がることもあるので、利用の前に確認しておくと安心でしょう。

シミ抜きを含めたクリーニングは、通常のクリーニングよりも少し期間が長めです。通常のクリーニングにも言えますが、クリーニングは計画的に利用するようにしましょう。

シミ抜きの効果

クリーニングでシミ抜きをお願いしても、全てのシミをキレイに落としてくれる訳ではありません。なぜなら、シミの原因によって落ちやすいシミと落ちにくいシミがあるからです。

落ちやすい落ちにくい
・汗染み
・食べこぼし、飲みこぼしによるシミ
 (カレー、コーヒー、しょうゆなど)
・化粧品
・墨汁
・時間が経ちすぎた食べこぼし、飲みこぼしによるシミ
・血液
・カビ
・水性のインクやペンキ

また、シミが落ちやすいシミ抜き方法でも、衣類の素材との相性が悪ければシミを落とす難易度が上がります。例えば、水洗いで落ちるシミでも、水に弱い素材であれば縮みや型崩れの原因となります。そのため、水洗いではなく別の方法を選択せざるをえなくなり、結果的にシミを完全に落とすことができなくなるのです。

またシミ抜きは、シミの原因を特定しなければいけないため、経験が物を言います。全ての店舗に熟練スタッフが在籍していれば問題ありませんが、現実的には難しいでしょう。そのため、店舗によって対応できるシミの難易度も変わってきます。

こうした理由からすべてのクリーニング店で完璧なシミ抜きをしてもらうのは難しいでしょう。そのため、シミ抜きが得意なクリーニング店を選ぶことも重要です。

シミ抜きの値段

シミ抜きにかかる値段は無料~5,000円以上とピンからキリまであります。無料でシミ抜きをしてくれる店舗は、クリーニングをしている際にシミを見つけたら、その都度対応してくれます。反対にオプション設定しているクリーニング店は、オプション指定がない限りシミがあってもシミ抜き対応をしないのが一般的です。

ただし、無料で対応してくれるクリーニング店で行うシミ抜きの対象は簡易的なシミがほとんどです。落としにくい頑固なシミには別途、追加料金がかかる場合が多いので事前に確認しておくと安心です。

シミ抜きにかかる時間

シミ抜きクリーニングは、4~7日ほどの日数がかかるのが一般的です。シミの度合いや衣類の素材によって多少の変動はありますが、一貫して通常のクリーニングよりも長めの期間がかかります。

シミ抜きしたい衣類の使用予定がある場合は、早めにクリーニングに出しておかないと間に合わない可能性が出てきます。そのため、シミ抜きを伴うクリーニングは余裕を持って依頼するようにしておきましょう。

シミ抜きサービスの対象製品

シミの種類やシミがついてから経過した日数にもよりますが、シミ抜きサービスは水洗いができる製品であれば、基本的に対応してくれます。しかし、以下のような水洗いのできない製品は、シミ抜きを断られる可能性が高くなるでしょう。

【対象外製品】

  • 皮革製品
  • 毛皮製品
  • 着物類
  • シルク製品

対象外製品に関してはクリーニング店で対応が異なるため、利用したいクリーニング店にあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

古いシミでも落ちる?

古いシミだから落ちないとは一概に言えませんが、一般的にシミは時間が経てば経つほど落ちにくくなります。そのため、シミが付いたらなるべく早くクリーニングに出すようにしましょう。

しかし、シミが付いていることに気付かずに衣替えをしてしまい、翌シーズンに着られなくなるといったことも良くある話です。こうした不測の事態を防ぐためにも、シーズンオフの衣類は衣替え前にクリーニングに出すという習慣を付けておくと衣類を長持ちさせることができるでしょう。

シミ抜きはお店に任せるのがおすすめ

シミ抜きは一歩間違うと生地を痛めたり、型崩れをおこしたりするためプロに任せるのがおすすめです。シミ抜きには素材やシミの原因を判別しなければいけない、一般人には難しい作業が伴います。つまり、素材やシミの原因を見極めた上で、最適な洗い方や洗剤を選ぶ必要があるのです。そのため、家庭で衣類を傷付けずにシミ抜きするのは至難の技です。

その点、クリーニング店であれば、素材に最適な洗い方や薬剤を熟知しているため、衣類を傷めずシミに対して最適なアプローチを取ることができます。まずはシミができないように注意する必要がありますが、万が一、シミができてしまった場合は、クリーニング店にお任せするのが衣類を傷めない最善策と言えます。

まとめ

シミ抜きは、失敗すると衣類を傷めるため、リスクも大きく技術が求められます。クリーニング店の中には高度なシミ抜きに対応できるスタッフがいないことから、シミ抜きを断ることもあるほどです。そのため、シミ抜きはクリーニング店選びも重要なポイントになります。

ラクリでは国家資格を取得したクリーニング師が、汚れの成分に応じたシミ抜きを無料で行います。さらにボタン修理、付属品のクリーニングが無料など、おトクなサービスが満載です。また、ラクリは宅配型クリーニングサービスなので、家にいながらスマホやPCから簡単に集荷の手配ができます。送料も無料なので、「思いがけずクリーニングにかかる料金が高くなった」ということもありませんよ。

シミにお困りの方は、手軽に手配できてワンランク上のクリーニングができる「ラクリ」の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*