クリーニングの撥水加工とは|効果や料金は市販のスプレーとどう違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雨や雪の日の仕事やレジャーに、ダウンジャケットや傘、ブーツなどに防水・撥水(はっすい)スプレーをかけて出かける人も少なくありません。最近クリーニング店でも撥水加工サービスを行う店も増えており、気になるという声も聞かれます。市販のスプレーとの違い、料金、効果はどれくらい長持ちかなど、今回は、クリーニングの撥水加工についてご紹介します。

クリーニングの撥水加工とは

クリーニング店の撥水加工とは、洗濯した後の衣服の表面に水をはじく成分を付着させ、コーティングするというものです。撥水加工されたコートを着て外出すると、雨が丸い玉になってコロコロと表面を転がり落ちていくのをご覧になった方もいるはずです。

クリーニング店の撥水加工で使われているコーティング剤はシリコン系樹脂やフッ素系樹脂が主流です。コーティングすることで、生地表面に「撥水基(はっすいき)」と呼ばれる無数の小さな突起物ができます。その突起物は水の分子よりも細かいため、生地の内部に水が入り込めなくなるのです。しかし、生地の繊維の隙間は完全にふさがれておらず、空気は通り抜けることができるため、蒸れにくいという特徴を持っています。

クリーニング店は、市販の撥水スプレーより強力で、水をよりはじきやすい特別仕様のコーティング剤を使用しています。さらに特別な機械を用いて、衣服全体にムラなく噴霧した後、熱処理を加えて撥水成分を強く定着させるため、撥水効果が長持ちします。

撥水とよく似ている言葉に「防水」があります。防水加工は、衣服の表面を水が通らない成分で覆うため、生地の繊維の隙間がなくなり、空気が通りにくくなります。水を弾く点は同じですが、汗をかいたり、湿気の多い場所へ行くと、衣服の中がジメジメして、蒸れてくることもあります。

撥水加工は、水をはじくだけの加工であり、水の内部への侵入は完全に防げないという点は理解しておきましょう。

クリーニングの撥水加工の効果

クリーニング店で撥水加工を施すと、水をはじくだけでなく、たくさんの恩恵を受けることができます。撥水効果は以下の通りです。

  • 汚れに強くなる
  • 服の縮みやシワを防ぐ

撥水加工を行うと、水に強くなるだけでなく、汗染みやコーヒー、泥はねなどの汚れに強くなります。さらに、服の縮みやシワを防ぐことができます。水が内部に浸透しないことで、汚れが付きにくくなるうえに、生地へのダメージも軽減されます。

汚れに強くなる

撥水加工は水をはじくだけでなく、様々な汚れも一緒に弾くため、汚れを未然に防ぐことができます。

汚れといっても水溶性や油性などがあり、汚れの原因が分かっていると対策しやすいものの、時間が経過したシミを落とすことは、なかなか難しです。とりわけ、ミートソースやコーヒー、カレーのシミは一回の洗濯で落としきれないのが現状でしょう。
日常生活は、シミの原因であふれています。小さい子どもがいるご家庭では、食べこぼしによるシミは日常茶飯事かもしれません。

お気に入りのコートやダウンジャケットといったアウターはできるだけ長く着たいもの。事前に撥水加工をすることで汚れにくく、たとえ汚れたとしても、さっと拭くだけで簡単に落とすことができます。雨の日以外でも、日常的に撥水加工しておくことがおすすめです。

服の縮みやシワを防ぐ

撥水加工をすると、服の縮みやシワ、カビなども防ぐことが可能です。

なぜなら撥水加工をすることで、洗濯の回数が減り、衣類の縮みを防げるためです。着るたびに洗濯をすると服が縮む原因になります。衣類が縮むのは、素材の持つ特性が一因で、中でも綿やウール素材の衣類は縮みやすく、洗濯をするときには細心の注意が必要といわれています。

また汚れるたびに洗濯する必要がなくなるため、洗濯をしたときにできる「洗濯ジワ」が発生する回数を減らすこともできます。

衣服は何度も着ているうちに摩擦で劣化しますし、直射日光などが当たれば色落ちしていきます。撥水加工を行うことで、衣類の劣化を遅らせ、長く着ることができるようになります。

撥水加工によって、カビも防止できます。衣類にカビができる3要件といわれるのが、「湿度」「温度」「栄養」。衣服の表面をコーティングすることで、衣類につくカビの栄養源である「汗」「皮脂」「食べこぼし」などが入り込めないため、カビが発生しにくくなるのです。

他にも撥水加工のメリットとして、風合い良く仕上がり、気心地がいい、夏は比較的涼しく、冬は暖かさを保てる、クリーニングに出す回数を減らし、節約できる、などが挙げられます。

クリーニングの撥水加工の料金

撥水加工の料金相場は以下の通りです。
スーツ上下 1,000円~1,500円
ズボン 500円~600円
ジャケット 600円~800円
コート 1,000円~1,500円
スキーウェア上下 500円~1,000円
ネクタイ 400円~600円

大半のクリーニング店は洗濯で衣服の汚れを落としてから、撥水加工サービスを行うため、クリーニングとセットとなるケースが多く、撥水加工だけを行うお店はほとんどありません。撥水加工サービスの料金相場は、衣服の種類や素材、お店の技術によって異なります。

撥水加工サービス自体の相場は、500円~1,500円ぐらいと考えておくといいでしょう。クリーニング店よっては、パックシステムを行っているお店もあり、まとめて出すことで料金が安くなります。

生地面積が広いトレンチコート、シルクなどの高級素材を使った衣類、高級ブランドのスーツやネクタイなどは、料金が高くなるため、事前に金額をチェックしてください。キャンプや登山で使う、テントや寝袋への撥水加工は、通常のクリーニング店での取り扱いは難しいのですが、アウトドア専門のクリーニング店なら取り扱いできます。

撥水加工には、3~5日の期間が必要です。スピード仕上げを希望する方は、撥水加工できないケースが多いのでご確認ください。

クリーニングの撥水加工の効果はいつまで続く?

クリーニングの撥水加工の効果は、適切に保管し、良い状態が保てるのであれば、次のクリーニングのときまで持続します。クリーニングの頻度は、人によって異なりますが、撥水加工の効果は1か月~1年ぐらい続くと思ってください。

気を付けてほしいのは、撥水加工を1度行ったからといって、半永久的に効果が持続するわけではない、ということです。効果を長持ちさせるためには定期的に加工してもらうことが必要です。ただし、水をはじき、汚れや色落ちも防げるからと頻繁に撥水加工をすると、逆に薬剤によって生地がダメージを受け、傷んでしまうこともあります。

例えば、スキーウェアは、シーズンが始まる直前に撥水加工をすると、ワンシーズンは効果が持続します。撥水の性能は時間とともに落ちるため、使用する直前に加工すると高い効果を得ることができます。

ワイシャツやネクタイは、着る頻度も高く、クリーニングに出す回数も多いため、1~2ヵ月に1回ぐらいの割合で、撥水加工をしてもらうと効果的です。スーツ上下は、ワンシーズンに最低1回、クリーニングに出すのがベストといわれているので、それに合わせて撥水加工してもらいましょう。お気に入りのスーツやワンピースなど、着る頻度の高いものは、シーズン中に2回ぐらい撥水加工してもらったほうがいい場合もあります。

市販の撥水スプレー

市販の撥水スプレーは、スプレーを噴霧することで撥水効果を与えます。例えば、革靴やバッグ、傘、帽子、衣服などにあらかじめスプレーしておくと、雨や雪が降っても、水をはじくため、濡れて不快な思いをしなくても済みます。フッ素系樹脂のスプレーは、水分だけでなく、油性液体もはじくため、油汚れが付いても、さっと拭くだけで汚れを落とすことができ、お手入れが楽になります。

撥水スプレーは噴霧した後、すぐに効果が出るわけではありません。ある程度時間が経過しないと、効果が表れないため、本当に必要とする時に即座に効果を得られません。さらに、人体に有害な物質を含んでいるものもあるため、屋外や換気がよい場所で噴霧することを呼び掛けているものが多いです。過って吸い込むと、呼吸困難や頭痛、吐き気などの症状が出ることもあるため、ご注意ください。

最近では撥水だけでなく「防汚」と表示されているスプレーも多く、スポーツウェア、アウトドア用品衣類だけでなく、クリーニング店では取り扱うことが難しいレインウェア、寝袋などにも使うことができます。シューッと吹きかけるだけで済む手軽さから、登山やキャンプ愛好家などアウトドア好きには欠かせない一品です。

スプレーの効果

市販されている撥水スプレーは、繊維を1本ずつコーティングすることで、生地を水分や汚れから守る効果があります。しかし市販の撥水スプレーはクリーニングの撥水加工に比べ、フッ素系樹脂の分子が大きいため撥水効果は低いです。また、クリーニングでは熱処理を行いますが、市販スプレーで行うのは難しいため、撥水成分が繊維に馴染みにくいでしょう。

撥水効果を確認するために、玉の形を見る方法があります。生地の上にできた水の玉が丸く、立体的になっていると、撥水効果が高い状態を表していますが、効果が低下したときは、玉がつぶれたような感じになっています。効果が低下したと感じたとき、洗濯やクリーニングをした後は、もう一度スプレーすることをおすすめします。

大人用コート1着に撥水効果を持たせようとすると、60~70mlの少量スプレーを1回で1缶使いきらないと満足のいく撥水効果を得ることができません。コート全体に均等にスプレーし、しっとり濡れる程度まで吹きかける必要があります。もったいないからといって、軽くスプレーするだけではダメなのです。

料金

撥水スプレーは、ホームセンターやディスカウントショップ、ネットショップなどで販売されています。100円ショップでも取り扱っていますが、100円で売られておらず、200円で販売されていることが多いです。ホームセンターやディスカウントショップでは300~3,000円の価格帯で販売されています

容量は60mlから420mlまで幅広くあり、靴専用のスプレーなども売られています。コート1着分で約60~70mlが必要なので、大容量の420mlだと、コート6着分ぐらいの計算になります。60mlの撥水スプレーは、660円ぐらいから売られているので、コート1回分の撥水加工代として660円ぐらいになります。

市販の撥水スプレーに対し、クリーニングの撥水加工は、1,000円~1,500円です。
またクリーニング店では、衣服の撥水加工だけを行うことができないため、1回のクリーニング代と撥水加工代を合計すると3,000円程度なので、市販の撥水スプレーだと、コストは抑えることができます。

効果の持続性

撥水スプレーの効果は、しっとり濡れるくらいまで噴霧しなければならず、大容量のスプレーを購入したとしても家族が大勢いた場合は、1本では足りません。

わざわざクリーニング店に処理してもらわなくても、撥水スプレーを使ったほうが安上がりなのでは、と思うかもしれません。水がしみこまないようにするために、傘やバッグ、靴などに撥水スプレーを使うと効果的ですが、コートやスキーウェア、ダウンジャケットなどには、効果を持続させるために、ワンシーズンで何本も購入することになりそうです。

寒さをこらえながら屋外で撥水スプレーをかけたとしても、衣服の表面全体に均等にかけることができず、フッ素系樹脂が一か所にたまると、シミになってしまうことも。スプレーの噴霧を過度に吸い込むと、気分が悪くなり、頭痛や吐き気をもよおす場合もあります。

撥水スプレーの効果はそれほど長持ちしないため、何度もスプレーをかける必要がある一方で、クリーニング店の撥水加工は、使用するコーティング剤の濃度も濃く、加工後に店ごとの方法で、熱処理を加えて定着させているため、効果が長持ちします。

クリーニングの撥水加工がおすすめなのはこんな人

今では自宅にいながらにしてクリーニングすることができる時代になりました。宅配型のクリーニングが普及したことで、少し敷居が高かったクリーニングが身近になっています。安いからという理由だけで撥水スプレーを使うより、値段と効果の持続性など総合的に考えて、クリーニング店の撥水加工を利用するのが、賢い選択といえるでしょう。

買ったばかりのダウンジャケットやコートを長く大切に着たい方は、着る前に撥水加工を行うと雨や湿気にも強くなり、汚れも汗もつきにくくなるので、新品のアウターが長持ちします。

スノボやスキーが好きな方も、ウェアは絶対に撥水加工をしておきましょう。食べこぼしが多い子どもの洋服だと、お出かけ着なども撥水加工しておくと安心です。スーツやネクタイなどをクリーニングで撥水加工すると、パリッとした印象に仕上がり、見た目で得をするかもしれません。よく着る服は、擦れることで効果が薄れてしまうため、擦れやすい部分には、撥水スプレーをすると効果が長持ちします。

まとめ

クリーニング店の撥水加工は、衣服の表面の水をはじくだけでなく、汚れやカビも付きにくくしてくれます。さらに、色落ち防止や通気性を保つ効果もあります。撥水効果は半永久的なものではないため、定期的に加工してもらうことで、効果が高まります。よく着る衣服だと、1回撥水加工するだけで1か月以上長持ちするのはうれしいポイントです。定期的にクリーニング店で撥水加工をしてもらい、お気に入りの衣服を長持ちさせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*